お店の住所 大阪府豊中市永楽荘

ご近所様 永楽荘 宮山町 春日町 向丘 桜の町

西緑丘  少路 緑丘 柴原町 新千里西町

近隣の駅 豊中駅 千里中央 桜井駅 

       柴原駅 少路駅

近隣都市 豊中市 箕面市 吹田市 池田市 

  • w-facebook
  • w-googleplus
  • Twitter Clean

October 6, 2015

 季節の変わりめは、ぎっくり腰が

多くなります。

 

疲れ・寝不足・中腰姿勢による

筋肉疲労!アルコールによる

肝臓疲労はぎっくり腰になりやすく

なります

 

普段から腰に違和感や張り

つまり慢性腰痛がある方は

飲みすぎ・寝不足など身体に疲れを

ためないように気をつけてください

 

慢性腰痛を治しておくと

ぎっくり腰(急性腰痛症)の予防に

なります。ぎっくり腰が心配の方は

豊中整体GOOD LIFEまで

ご相談ください 06-4977-4535

 

July 6, 2015

この時期は頭痛の方に

つらいシーズンです。

 

頭痛の方の多くは肩こり

酷い方になると吐き気もしくは

眼の奥がしんどくなります

 

頭痛の方の多くは首の骨の歪み

があります

 

つらい頭痛から解放されたい

薬を飲まなくても快適な生活をしたい!

そんな方は豊中整体 GOOD LIFEまで

ご相談ください06-4977-4535

 

とてもソフトな施術なので初めての方や

女性にも安心です

July 3, 2015

最近つまずいたりすることが多くありませんか?

つまづく理由はどれでしょうか

①加齢

②筋力低下

③骨のゆがみによる運動機能障害

 

答えは③です

何でも加齢や筋力低下でかたずける方

がいますが、違うことがほとんどです

 

なぜなら骨のゆがみを治すだけで症状が

治ってしまう方がほとんどだからです

 

骨がゆがむと神経を圧迫し

筋力が硬直し動きが制限されます

 

脚に関係するところのゆがみは

脚がスムーズに前に出なくなります

自分のイメージより脚が上がらなかったり

前にでないので、つまずいたり

転んだりしやすくなります

 

転んで骨折すると歩けなくなり

歩けないと身体はたちまち弱り...

June 26, 2015

最近、むくみや肥満(そんなに食べて

いないのに太ってしまう)悩まれて

いる方が多いです。

 

骨のゆがみにより

代謝が落ちているケースが多いです

 

具体的にいうと骨盤が開き

くびれが年々なくなり

子宮など内臓が下垂して代謝が

著しく悪くなります

 

内臓下垂しますと脚のむくみや膀胱を

圧迫し夜間トイレ起きたり良質な睡眠

の妨げになります

 

むくみや夜間頻尿でお困りの方は

豊中整体GOOD LIFEにご相談下さい

06-4977-4535

 

むくみについては血管レベルでは

減塩を心掛けてください

 

P.S.  減塩での豆知識

減塩=薄口しょうゆではありません

薄口しょうゆは塩...

June 19, 2015

③疲れをためないことです

→身体を硬くしないことです

 

a睡眠不足

b暴飲暴食

cハードワーク

d風邪をひく

このような状態は身体を

硬くします。

身体が硬くなると少しの動作で

ゆがみやすくなります

 

身体がゆがんでしまうと

コリができやすくなり

慢性的に歪んだ状態になり

専門家にゆだねなければ

なりますので、疲れを

2日以上ためないように

 

a早寝早起きをする

b消化にいい食べ物を食べる

 二日連続では食べ過ぎない

c栄養ドリンクなど飲む

d水分とビタミンCを取る

 

などをして疲れを二日ないし

三日連続でためないようにします

 

ため込まなければ自然治癒が

期待できます

 

どうして...

June 12, 2015

姿勢など身体の使い方にあります

立ち仕事が多い、パソコンや

スマホを多用する下向きが多い

などが最近多い傾向です

 

では歪まないコツは何か

一つは一度ちゃんと身体の

①バランスを治すことです

 

一度治すと変な姿勢をすると

気持ち悪くなり、自分が歪む

行動をすると分かるようになり

自然と治したくなります

 

自然と治したくなることこそが

ゆがみの予防になります

 

 

②反対動作をすることです

例えば腕をいっぱい使ったと

思ったら反対方向に腕を

伸ばしてみる

1度リセットすることでコリが

たまりにくくなります

 

 

May 31, 2015

私はスポーツジムで鍛えることを

してまいせんが身体のゆがみは

ありません。

 

コツは意識を少し変えるだけです

身体の使い方を少し気をつける

だけで健康を維持しています

 

鍛えない理由は

鍛えすぎると患者さんの再発予防

につながるゆがみの原因を

体感できなくなります

 

ノーベル物理学者の

アインシュタインは

『何かを学ぶためには

自分で体験する以上に

いい方法はない』という

言葉を残しています

 

僕は運動する時間があったら

目を休めます。仮眠します。

睡眠は情報を整理し脳を

クリアにして集中力を高め

より精度の高い仕事ができます

 

若いトレーナーさんなど

筋肉がムキムキの方の患...

May 29, 2015

以前ブログで腰や肩こりの前兆と

して足首やふくらはぎのだるさが

あると申しましたが

 

意外と見過ごしがちなのが

スリッパの大切さです

 

現代の家の多くは

床が硬すぎます

 

硬い床で料理など立ち仕事を

されますと、足首がだるくなり

可動が悪くなります

 

足首のクッション機能が正常に

働くなると、ふくらはぎに負担が

さらに悪化すると腰痛や肩こりに

つながりますので

 

是非身体のために柔らかめの

スリッパや健康サンダルを

お使いいただき身体への

負担を減らしてください

 

 

May 22, 2015

肩こり予防として

フライパンは脇をしめて

肘は体の真横から後ろに

ひいて炒め物をしましょう

 

腕を前にしてしまうと

肩に腕の重さがもろに

かかりますので、肩こり

40肩・50肩・腱鞘炎

なりやすいので是非

やってみてください

 

近年40肩・50肩の方が

豊中整体GOOD LIFEに

多いです。

 

ちょっとした身体の使い方

の違いなのですが

忙しい女性の方には

身体の負担を減らすのに

大切なことなので

是非試してみてください

May 15, 2015

前回お話しました家事労働中の

腰が後ろに抜けやすい動作

 

ずばりお料理やお皿洗い中です

このときはなるべくキッチンに

下腹部をつけるか

左右の太ももをつけて

キッチン台に体重をかけましょう

 

こうすることでかなり身体への

負担が減ります

 

注意点としては、僕が皿洗い

ときのやり方が悪いのか

服が濡れやすいのです。

服が濡れるとお腹を冷やすので

 

前掛けをするか

お風呂でお腹や脚を温めましょう

 

お腹を温めると冷え性にもなり

にくいので是非気にしてみて下さい

 

 

Please reload

Please reload