正しいストレッチ④

ストレッチのポイント

①時期②負荷(強度)③方向

①時期のおさらい

以前書きましたが、まず痛みのないとき

②負荷

まずは軽めの運動をしてください

テレビなど大衆向けの運動は

負荷が強いので、いきなりやると

ケガしやすいのでやめましょう

万能な運動が3つだけあります

Ⅰ 腹式呼吸

  ゆっくり息をはいて

  ゆっくり息をすってください

  ポイント①

  リラックスして行うことです

  力をいれると負荷が高くケガの

  もとになります。力をいれるのは

  普段からトレーニングをしている方や

  腹式呼吸を3ヶ月してインナーがある

  程度ついてからにしましょう

  ポイント②

  腹式呼吸の仕方は

  口から息を吐いて

  鼻から息を吸います

  ポイント③

  お腹の上の方をふくらませたり

  へこましたり、上腹部を意識してください

  よくわからないときは、上腹部に手を

  当てて行ってみてください

  それでも美味くいかない方は、仰向けで

  寝て、両膝を立てて深呼吸してみてください

  その他の運度は、また次回書きます